入れ歯のきちんとしたメンテナンスについて

僕の祖父は今年60歳で、最近入れ歯のお世話になり始めました。本人もこれまでは何とか自前の歯で過ごしてきただけに、どうにも入れ歯に慣れることが出来ずに苦労している様子です。

出っ歯、上顎前突、歯ぐき(症例写真)|大阪の審美歯科・インプラント|ウメダデンタルクリニック

先日もお昼にお茶を飲みながら、「どうも入れ歯になってから、口が臭くなったような気がする。自分の歯だった時は、こんなことはなかったんだがなぁ」と、少しぼやいていました。
僕も実は、「最近、おじいちゃんの口が臭うようになった」と思っていましたが、本人の「入れ歯に変えてから」という話を聞いて納得しました。言われてみれば、確かに入れ歯をするようになってから、祖父の口臭を意識しだしたと思います。

乳歯の生える順序

考えてみれば、祖父はこれから入れ歯と付き合っていかなくてはならない訳で、このままではずっと自分の口臭に悩まされることになります。それは流石に可愛そうだと思い、僕は「入れ歯と口の臭い」の関係について、これを改善出来ないものかと調べ見ることにしました。
すると、次のようなことが分かってきたのです。まず、入れ歯にして口が臭うようになった場合、メンテナンスに問題があることが多い模様です。特に僕の祖父のように、それまでは自前の歯でずっと過ごし、急に入れ歯を使い始めた人はメンテナンスをいい加減にしてしまう傾向があり、結果として口臭がひどくなることが多いのだとか。



これを改善するには、まず専用のブラシを使ってブラッシングをし、入れ歯用洗浄剤などで歯石をきっちりと除去することが大切な様子です。
今度の休み、祖父の家に遊びに行きますが、その際にここまで調べた「入れ歯のメンテナンス」を上手にする方法を、本人に教えてあげようと思う僕なのでした。