債務整理は借金が無くなるわけじゃない

借金で首が回らなくなって、自己破産するしかないのだろうかという時、債務整理のことを知りました。債務整理することによって無駄に払っていた利息分を取り戻すことができるかもしれなかったり、今後利息が発生しなくなったり、毎月いくらという定額で返していけるので借金の返済管理がしやすいということでした。自己破産ほどリスクも大きくないのがよさそうです。

債務整理 郡山

ただ、気をつけなければいけないのは、債務整理は借金がなくなるわけではないということですね。自己破産よりリスクは少ないですが、それは借金自体は残るから。債務を整理するだけなので、それまでの借金はちゃんと払わなければならないわけです。そこを勘違いしてしまうと大変なので、しっかりと理解してからどっちが自分にはいいのか判断したいですね。

++ 日本の借金カウンター++

それにしても、まさかこんな借金で大変になるとは思ってもいませんでした。軽い気持ちで借りた借金が積み重なってこうなってしまい、自分とは無縁だと思っていた自己破産の四文字が浮かんでくるほどになったわけですから。ただ、やっぱり自己破産はリスクが大き過ぎますし、今更ながらの下手なプライドもあり、債務整理でしっかりと借金を返していきたいかなと考え始めています。借金がなくなってしまう自己破産に頼るのもいいですが、自分が借りた金は自分で返して、今度こそ借金をしない自分になっていきたいです。

裁判所|1.個人の破産(自己破産)手続に関するQ&A

幸い自分はまだ若い方ですから、時間はかかってもちゃんと返した方が、自分のためになりそうな気がします。